参照される方々へ。弊サイトのデータをもとに解説を書かれる場合は出典として弊サイト名をお記し下さい。

Sechs Stücke op.150

6つの作品 op.150

ヴァイオリンとオルガンのための


 1880年代の終わりごろからラインベルガーはオルガンを中心とした室内楽作品によく取り掛かるようになる。この時代、オルガンとソロ楽器とのアンサンブルがそこそこ人気があったのだが、演目として挙げられる曲の多くは既存曲の編曲が多くを占めていた。そこに着目した出版社と作曲家はいくつかの作品を提供することとなる。


 ラインベルガーの作品としては1888年のオーボエとの『アンダンテ・パストラーレ』(オルガンンソナタ#4の第2楽章の編曲。op.98,2)、及び1889年の『ラプソディ』(オルガンソナタ#7の第2楽章の編曲。op.127,2)。そして完全オリジナルのものとしては1887年のヴァイオリンとの『6つの作品 op.150』と1889年の『組曲 op.166』がある。


 2014年、『6つの作品 op.150』の部分演奏が非常に多く行われた。少なくとも大小の演奏会場にて少なくとも6回演奏された。首都圏外で行われたチェロとの共演の物以外すべて聴いた。とあるオルガニスのうかがったところ、本当にオルガンとほかの楽器とのアンサンブル作品は少なく、貴重なレパートリーとなっているのだそうである。この曲について、少~し語ってみたいと思う。なおこの曲については『「困ったチャン音源」のその1 Naxosのこれ』も参照のこと。


 この作品は出版社のフォアベルクの提案によって生み出された。1887年6月にいくつかのヴァイオリンとオルガンの短いアンサンブル作品を依頼の手紙を出している。ラインベルガーは9月27日から10月20日にかけて作品を書き上げるのであった。


 下書きと妻ファニーによるラインベルガーの作品目録との間では各曲の完成の日付に齟齬が見受けられる。下書きでは4曲目の「パストラーレ」が10月14日、5曲目の「哀歌」が10月12日が完成の日解けとなっているが、ファニーのカタログでは逆転している。このような完成の日付の違いが見受けられるのは非常に珍しい。この件は、当初ラインベルガーの計画では4曲目に「哀歌」を。、5曲目に「パストラーレ」を配置することを意図していたのだが、出版の段階で逆になっったことが原因ではないかと考えれるという。 原曲を出版社に送ったのち、ヴァイオリンとピアノのためのアンサンブルバージョンとして11月に書きあげられる。しかし急速楽章の「主題と変奏」、「ギーグ」、「序曲」の3曲しか現存していない。逆に残り3つの緩徐楽章が、チェロとオルガンのための作品として編曲をなされている。(「主題と変奏」はチェロとピアノバージョンも作られた形跡があるが、これもまた現存していない)


 原曲はヴァイオリニスト、ベンノ・ワルター(彼はラインベルガーの室内楽作品に多くかかわっている。)に献呈された。初演は1888年の3月17日、すなわち作曲者の49才の誕生日に、ミュンヘンのオデオンホールにて開催された音楽院の演奏会にて、ベンノ・ワルターのヴァイオリンと作曲者自身のオルガンによって「哀歌」「序曲」そして「夕べの歌」の3曲が行われた。この初演の後、「哀歌」と「夕べの歌」のチェロバージョンがフォアベルクに送られ、同社の求めに応じて「パストラーレ」も追加された。


 出版された原曲の構成は以下の通りである。

  1. Thema mit Veränderungen - 主題と変奏 (急)
  2. Abendlied - 夕べの歌 (緩)
  3. Gigue - ジーグ (急)
  4. Pastrale - パストラーレ (緩)
  5. Elegie - 哀歌 (緩)
  6. Ouvertüre - 序曲 (急)


 特筆すべきは「序曲」を終曲に配置していることだろう。ラインベルガーはほとんど自身の作品について語らない。演奏家、ひいては聴衆に問いかけるだけである。そこに意味を見つけ、何かを感じるのかは聴衆次第である。だが、この謎かけも演奏する側がなんの説明もなく行うだけでは、作曲者自身の意図をどれだけ聴衆に伝わるのであろうか? WebMasterはこの曲を聴くたびに、特に「序曲」を聴くたびに思う。